ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »   ウェブマガジン  »  「代理脳」メタバースはUBI受給者の精神収容所になる⑧
               
mag202202-10.jpg

一貫して警告し続けてきたことは「mRNAワクチンは、ワクチンですらない」ということだ。

これは、人体をIoBに組み込んでAIに監視させるだけでなく、DNA編集(遺伝子改変)を目的として開発された「ステルス世界大戦の兵器」である。

最終目的は、人体を新しいテクノロジー・プラットフォームに変換することである。

まだ分からないのか・・・死ぬぞ。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(2月18日配信)代理脳「メタバース」はベーシックインカム受給者の精神収容所になる!?ーその8」の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。

(パート7のつづき)

ワクチンを接種した人をIoBに組み込んで、人体を新しいテクノロジー・プラットフォームに変換する

〈前半省略〉

・・・世界経済フォーラムが、カナダのマギル大学(McGill University)とのコラボによってまとめた公式pdfにざっと目を通して自分で確かめてください。

タイトルは「身体のインターネットの未来を形作る: テクノロジーガバナンスの新しい課題」“Shaping the Future of the Internet of Bodies”・・・

このpdfの上から7分の1ほど下へスクロールすると、「Part One: The internet of bodies is here」という小見出しが出てきます。
サブタイトルは「Recent advancements in the internet of things are transforming the human body into a new technology platform」です。

意味は「パート1/インターネット・オブ・ボディーズ(IoB)はここにあります。インターネット・オブ・シングス(IoT)の最近の進歩 は、人体を新しいテクノロジー・プラットフォームに変換します」です。

このタイトルが、世界支配層のアジェンダを言い尽くしています。

言い換えれば、「Covidキラーワクチンを何回も接種させる(ブースター接種)ことで、人体の遺伝子を改変する」と言っているのです。

そして、「mRNAワクチン注射によって人体の皮下に通信機能を持ったナノチップを注入し、インターネットに常時接続された状態をつくって人体をコンピュータネットワークにおけるプラットフォームにつくり変える」と言っているのです。

〈以下省略〉

これが事実!ーmRNAワクチンは細胞と遺伝子治療の一例で、接種した人の「遺伝子改造」を目的としている

「ワクチンですらない!」という事実は、去年の10月16日から18日まで3日間、ドイツのベルリンで開催された「ワールド・ヘルス・サミット(World Health Smmit)」で、大手製薬企業バイエル社の医薬品部門の責任者、ステファン・オーエルリッチ(Stefan Oelrich)の確信的なスピーチによって明らかにされました。

この動画は、ワールド・ヘルス・サミットおけるオーエルリッチのスピーチから当該箇所を切り取ったものです。
正確な英語の発音なので、英語で字幕設定すれは誰でも理解できます。

〈中間省略〉

・・・ステファン・オーエルリッチのスピーチの要点は太字の部分にあります。
つなぎ合わせると、こうなります。

もともとmRNAワクチンは、細胞と遺伝子を治療する目的で開発されたのである。

新型コロナが世界中に広がり始めた2年前に、人体実験のために、Covidワクチンに偽装されたこの注射を打ちなさいと人々に言ったとしたら、95%の人が拒否しただろう。

しかし、パンデミックの恐怖によって、それはすんなり受け入れられたのだ。

これは、人々の関心を遺伝子レベルの医療に向けさせることになるだろう・・・

パート6では、公式のソースから、「mRNAワクチンと称する偽ワクチンは、米国国防総省内、大統領・国防長官直轄のDARPA(国防高等研究計画局)が、各製薬企業に資金を提供して開発させた、DNAの編集を可能にするナノテク製剤である」ことを明らかにしました。

〈中間省略〉

・・・「ワールド・ヘルス・サミット 2021」の約400名のスピーカーのうち、ここにメインスピーカー107人のプロフィールが公開されています。

ざっと見ていきましょう。

〈省略〉

・・・相変らずWHOとビル・ゲイツのGAVIワクチン同盟、そして、ロックフェラー財団が主導しており、ジョンソン・アンド・ジョンソンやファイザー製ワクチンを開発したドイツのビオンテックが名を連ねていることから分るように、ワクチン・マフィアのステークホルダーのための国際会議なのです。

それにしても分かりやすい。
OECDWTO世界銀行の面子まで揃っているところを見ると、経済の小さな発展途上国の人々に無償でワクチンを打たせる代わりに、政府の資産を担保に差し出せ!という目論見が隠されているのでしょう。

SDGs・・・つまり、国連の2030アジェンダを推進するために、mRNAワクチンを一人残らず打たせて、世界のすべての人々の「遺伝子を改変させること」を目的としているのです!

mag202202-12.jpg

繰り返しますが、これは私が言っていることではなく、ワールド・ヘルス・サミットの公式ホームページに書かれていることであり、世界でもっとも大きな影響力を持っている製薬企業バイエルの医薬開発担当の総責任者が述べていることなのです。

〈以下省略〉

悲しい「ワクチン死」とグローバル・エリートによる「量子医療技術」の独占

〈前半省略〉

・・・政府は、国家総出で「国民を使った人体実験を行っている」とは言えないし、ましてや、法的に接種の強制(法的な義務化)もできないので、「厚生労働省としては、WHOが有効性があると言っているので、それを参考にして、国民の皆さまには、ワクチン接種を推奨する」と言っているだけです。

義務化」はしないものの、国の責任において「推奨」している以上、「打ってみてください」と干渉することは「説明の一環」であるから、押し付けではない、という理屈なのです。

厚生労働省のホームページを開いて確認してください。
「国はワクチンの有効性を確認した」などと、どこを探しても書かれていません。
ただ単に「薬事承認しましたよ」と明記されているだけです。

薬事承認」とは、薬事法で定められている法的なチェックをクリアしたという意味であって、「有効性」とは何の関係もないのですが、国民は「承認」という二文字しか見ないので、国が「証明した」と勝手に解釈してしまうのです。

テレビ・新聞は、厚生労働省やワクチン・ムラが推薦した「御用医師」「御用研究者」「チョウチン記事を書く記者」たちを動員して、「薬事承認」を「承認」とだけ書いたり、「特例承認」という言葉を使って、あたかも国が認めたかのように錯覚させているのです。

「ワクチン打て打て」の厚労省としても、国民が勝手に誤解してワクチンを打ってくれるなら、むしろ歓迎すべきことなので、マスコミ各社に対して「承認」ではなく「薬事承認」と誤解なきように正しく報道してください」などのクレームを出さないのです。

〈中間省略〉

・・・彼らの夢は壮大です。
人類が生き残るために、真空でも生きているクマムシの遺伝子を人間の細胞に結合して「蠅男」のような体になっても火星で暮らしたいのです。

馬鹿げた連中だ。

火星にも行けないし、メタバースも頓挫する。

残るは、永遠の牢獄「ユニバーサル・ベーシック・インカム」だけですよ。

なぜ、こんな簡単なことが分からないのだろうか。
本当に不思議な連中だ。

Covidの真相から目をそらすためのウクライナ・第三次世界大戦勃発危機のペテンと「ステルス世界大戦」

〈前半省略〉

・・・岸田は「すべてアメリカさんにお任せ」の宏池会から出てきた政治家ですから、安倍・菅以上に対米従属路線を踏襲していくでしょう。

つまり、岸田政権は「アメリカ様のおっしゃることなら何でも聞きます。日本の防衛? はいはい、米軍様にお任せします。お金?いくらでも出します。その代わり経済に専念させてください」という、ポチ以下の乞食政権なのです。

・・・「お前何やってるんだ。とっととウクライナに支援を表明しろ!」とワシントンに尻を叩かれた岸田文雄は、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談を行いました。

岸田は、米露の狭間で揺れ動くウクライナに対して、日本はNATOを支持すると表明したかったようですが、リアリストのゼレンスキーからすれば、「そんなことはどうでもいい。同情するより金をくれ」ですから両者が噛み合わないのも当然です。

結局、今度も110億円規模の借款(返済されない寄付金)を約束させられて、日本の総理大臣の無定見で弱腰な態度を世界に向けて晒してしまったわけです。

〈中間省略〉

・・・世界中の人々が、米軍の奥深くに根を張っているディープステートがクローン・バイデンを操って、ありもしないウクライナ危機を煽り、第三次世界大戦の引き金をロシアに引かせようとしていることに気がついています。

すべてを知り尽くしているプーチンの絶妙な手さばきで、今度も第三次世界大戦は回避されるでしょう。

何も知らないのは、日本の二世、三世のロクデナシ政治家と官僚、そして売国メディアと愚かな有権者です。

〈以下省略〉

ドルの焼け野原から連邦法定デジタル通貨が不死鳥のように飛び立つ!?

ステルス世界大戦」は、2020年3月11日、WHOのテドロスがパンデミック宣言を行ったその日に火蓋が切って落とされました。

このとき日本を含め、世界各国から「世界はすでパンデミックに突入している。WHOは、なぜパンデミック宣言を遅らせているのか」との声が上がり、WHOがなかなか態度を決めないことに対して怒りにも似た感情が湧き起こっていたことを記憶しているでしょうか。

なぜ、WHOは3月11日を待ってパンデミックを宣言したのでしょう。
それは、(3×11=)33という数字に秘密があります。

象意は、「死と再生」。
不死鳥のフェニックスが、それを象徴しています。

これが米国の未来であり、米国と抱き着き心中したい日本の運命でもあります。

・・・ほとんどの人にはゲマトリアの知識がないでしょうから、いくら説明しても理解できないでしょう。

〈中間省略〉

・・・これは見えない戦争、そう、世界中の一人ひとりに仕掛けられている「ステルス世界大戦」なのです。

経済、金融、マーケットだけでなく、軍事から外交にいたるまで、すべてがCovidの幻に翻弄されています。

連邦デジタル通貨(FedCoin)よ、ようこそ!
私たちのプライバシーよ、さようなら!

(パート9につづく)


●この記事はウェブマガジンの2022年2月18日配信の最新記事代理脳「メタバース」はベーシックインカム受給者の精神収容所になる!?ーその8」の抜粋です。
全文はウェブマガジンでお読みください。

【初月無料】 新規お申し込みの場合、2月1日から2月28日までの1ヵ月分は「お試し期間」で無料購読できます。
2月途中での新規お申込みでも、
2月1日から2月28日までの間に配信されるすべてのウェブマガジンを無料で読むことができます。
内容が気に入ったら、そのまま継続してください。
その場合、最初に購読料が発生するのは来月の2022年3月分からとなります。
foomii_web.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応しています。





               
NEXT Entry
「代理脳」メタバースはUBI受給者の精神収容所になる⑨
NEW Topics
今世紀最大の逆イールド発生!大倒産時代をどう生き残る
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント③
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント②
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント①
この冬から始まる世界同時崩壊のイベント
計画的食料危機で世界政府があなたをシープルにする方法
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む④
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む③
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む②
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む①
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top