ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »   ウェブマガジン  »  「代理脳」メタバースはUBI受給者の精神収容所になる①
               
mag202201-1.jpg

メタバースとは、11年前に書いた「国防総省とマイクロソフトの『代理脳計画』」を具現化したもので、それはサイバー空間の中にブラック経済圏を形成する。

そもそもが、国防総省・高等研究計画局(DARPA)の「全情報認知システム」(TIAシステム)構想から出てきたものである。
なんと馬鹿げた・・・


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(1月7日配信)代理脳「メタバース」はベーシックインカム受給者の精神収容所になる!?ーその1」の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。

国連本部前の「獣」の像とデンバー空港の壁画との明確なリンク

ニューヨークの国連本部前のビジターズプラザを早朝ジョギングのために訪れた市民が、この不気味な彫像を見たとたん、すぐに家に戻って、家族とともに、その不吉さ漂うシンボルの意味について議論したことでしょう。

〈中間省略〉

・・・この獣の彫像を写真で見たり動画で見たクリスチャンは、ユーチューブに多数の動画をアップロードして「いよいよ、その時がやってきた」と、口角泡を飛ばすようにして視聴者に訴えかけています。

〈中間省略〉

・・・クリスチャン向けのCBNニュース(12月10日付)は、このジャガーと鷲のハイブリッド彫像が黙示録第13章で述べられている「獣」であり、反キリストのことであると主張しています。

このハイブリッド彫像は、ほぼ同時に、ニューヨークのロックフェラーセンター前にも設置されました。

その他にも、鷲とイグアナとコヨーテのハイブリッド彫像や、骸骨をモチーフにした複数のアブストラクト・アートがロックフェラーセンターを訪れた人々の注目を集めています。

〈中間省略〉

・・・しかし、デンバー空港には、まだまだ不吉な巨大モニュメントが残されています。

その中でも、もっとも不吉な暗示を持っているのが、第四の騎士が乗る「青い馬」です。
それは、赤く光る悪魔の目を持ち、全身に脈打つ静脈がはりめぐらされた高さ約10メートルの種馬の像です。

この青い馬のことを悪魔が宿っている「ブルシファー(Blucifer:青いルシファー)」と呼ぶ人もいます。

〈中間省略〉

・・・このように、多くのオカルト・シンボリズムに関する「噂」が生まれては消えていくデンバー空港ですが、第四の騎士が乗る「青い馬」が空港敷地にあることは事実(2年前に蹄にオレンジ色のペンキが塗られるという事件があったにしても)であるし、ジャッカルの頭を持っているアヌバス神の巨大な像がエジプトからデンバー空港のターミナルビル南側に移設されたことも事実です。

・・・空港ターミナルビルの壁の数ヵ所には、不気味なガーゴイルの彫り物が置かれており、2年前には、空港を訪れた人が発する音声に反応するロボット・ガーゴイルまで設置するという空港側の悪ふざけは大いに物議をかもしています。

〈以下省略〉

国連のジャガーと鷲のハイブリッド彫像は、「2022年が666獣の時代のスタートになる」ことを告げている

〈前半省略〉

・・・国連は、マダム・ブラバツキが国連に魂を吹き込んで以来、陰ながら、太陽神崇拝をプロモートしてきました。
キリスト教では、太陽神信仰は異端とされています。

国連本部ビルの中に「静寂の部屋」、あるいは「瞑想の部屋」という一般の人が立ち入らない完全に密閉された部屋があります。

・・・この窓のない部屋の中央に置かれている重さ6.5トンの直方体の鉄鉱石は、「クリスチャン4」いう謎の人物から寄贈されたもので、彼の祖先にはメロビンガ王朝のスウェーデン国王がいます。

このメロビンガ王朝の人々は「ドラゴンの血族」であると言われており、その子孫は、「レッド・ドラゴン」の血筋を引いています。

〈中間省略〉

・・・映画『マトリックス』に出てくる最古のプログラム「メロビンジアン」こそが、フランク王国メロビンガ朝の王の名前なのです。

〈以下省略〉

監視資本主義のメタバースは、人間家畜牧場の具現化

〈前半省略〉

・・・この源流は、古代バビロンのニムロドから発している太陽神崇拝です。

残念ながら、太陽神崇拝は形を変えながら、世界のほとんどの宗教に入り込んでいます。

その象徴的な存在であるニムロドは、まさに「ピラミッドの頂点」に君臨する者であり、反キリストのオカルティストたちが何世代にもわたって待ち望んでいた偽りの偉大なリーダーとして登場するかもしれません。

それは、私たちの生活を完全に逆さまにしてしまうでしょう。

〈中間省略〉

・・・メタバースの本質とは、簡単に言えば「魂の入れ物」のことです。

〈以下省略〉

パート2につづく)


●この記事はウェブマガジンの2022年1月7日配信の最新記事代理脳「メタバース」はベーシックインカム受給者の精神収容所になる!?ーその1」の抜粋です。
全文はウェブマガジンでお読みください。

【初月無料】 新規お申し込みの場合、1月1日から1月31日までの1ヵ月分は「お試し期間」で無料購読できます。
1月途中での新規お申込みでも、1月1日から1
月31日までの間に配信されるすべてのウェブマガジンを無料で読むことができます。
内容が気に入ったら、そのまま継続してください。
その場合、最初に購読料が発生するのは来月の2022年2月分からとなります。
foomii_web.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応しています。




               
NEXT Entry
「代理脳」メタバースはUBI受給者の精神収容所になる②
NEW Topics
今世紀最大の逆イールド発生!大倒産時代をどう生き残る
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント③
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント②
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント①
この冬から始まる世界同時崩壊のイベント
計画的食料危機で世界政府があなたをシープルにする方法
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む④
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む③
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む②
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む①
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top