ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »   ウェブマガジン  »  優生思想メンタリストが社会に及ぼすメンタルな破壊行為
               
mag20210806-12.jpg

目下のところ、日本では、メンタリストDaiGoの差別的発言が大炎上。
心理学者まで参加して彼の精神分析を勧めるなど、なかなか鎮火しそうにない。

一般のネット閲覧者にとっては、「人騒がせなユーチューバーが仕掛けた炎上商法」としか映っていないようであるが、実は非常に重大な問題を含んでいるので急遽取り上げることにした。

ここでは、メンタリストDaiGoの心の闇に光を当て、若者たちが彼の魔術に引き込まれないように注意喚起しておきたい。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(8月20日配信)優生思想を肯定するメンタリストが社会に及ぼすメンタルな破壊行為」の記事の3分の1程度です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。

優生思想を肯定するメンタリストDaiGoは限りなく共産主義者に近い思想の持主

〈前半省略〉

・・・メンタリストDaiGoの「生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら猫を救って欲しいとぼくは思うんで。生活保護の人、生きていてもぼく得しないけどさ、猫はさ、生きていたら僕、得なんで」という発言から、彼が自覚していようといまいと、共産主義に汚染されたみじめな魂であることは歴然です。

人間の命の値段を経済合理性で論じるナンセンスが正しいと思い込んでいる時点で、人間の労働力を地球のリソースであると位置づけている世界支配層の考え方と同じです。

「ホームレスに価値はない」と堂々と言い放つ、この男の異常な人格が露呈されたと言わざるを得ないのです。

mag20210806-18.jpg

スコトーマ(心理的な死角)をつくることによって自滅してしまったメンタリスト

〈前半省略〉

・・・山本氏は、「テレビで得た知名度を使ってTips系動画をYouTube上で流して若者を中心に人気を博し、それをテコにDラボという有料コンテンツサイトへ誘導することで利益を上げるという教祖ビジネスを展開している」とDaiGoの魂胆を一刀両断です。

DaiGoが「Dラボ」で若者たちに教えていることは、弱者切り捨てを正当化するための嘘で理論武装した経済合理性。
「ホームレス無価値発言」は、今回が初めてではありません。
DaiGoの発言は、ついうっかりの舌禍によるものではなく、彼の思想そのものなのです。

〈中間省略〉

・・・DaiGoの大炎上には、彼の異常人格に危険性を感じた心理学者などが参入して精神分析を試みたり、ワイドショーでおなじみ政治タレントが「DaiGoは優生思想肯定論者だ」と歯に衣着せぬ批判を展開しています。

犯罪心理学を専門とする筑波大学の教授は、「DaiGoは疑似科学のエンタティナーである」と喝破しました。
そのとおりです。

〈中間省略〉

・・・メディアは、このような仕掛けを使って大衆の集合意識を操りたい方向に集中させ、それ以外は手薄にさせて注意が行きわたらないようにするのです。
無防備になった大衆の心の隙間にスコトーマ(心理的な死角)が生成されるのです。

〈省略〉

・・・この認識テストに参加して、スコトーマが生成される瞬間を体験してください。
このテストの黒づくめの男は何の象徴でしょう?

・・・この黒づくめの男こそがDaiGoの分身であり、それを見た人々に憑依する魔物なのです。

〈省略〉

タブロイド紙でさえ触れたくないアレとの関連性

さっそくDaiGoのyou tubeアカウント削除の可能性を取り上げる人々が出てきました。
you tubeが掲げるポリシーに照らせば、DaiGoの度重なる差別発言ほどコミュニティー・ガイドラインに違反している例もないでしょう。

なぜyou tubeは、規約違反を繰り返しているDaiGoのチャンネルをBANせず容認しているのでしょう?

それは、前述したように、you tubeとメンタリストDaiGoの目指すところが同じだからです。

それでも、日頃の尊大さはどこへやら、DaiGoは収入源の元がなくなることを恐れたのか、80本以上の動画を速攻削除して「証拠隠滅」を図っています。

これが、この坊やの正体です。情けない・・・

〈中間省略〉

・・・DaiGoの亡き母親は、どんなに高い本でも彼が欲しいと言えば買い与えたと言います。
母親の教育への思いが、今日の自分をつくってくれたと・・・

しかし、彼は自分が窮地に追い込まれると、今度は亡き母を登場させて視聴者に対して「お涙頂戴」に訴えたのです。

あくまでも「自分の亡き母親が生活保護受給者だったら」という仮定の話であって、インフルエンサーとしての自覚があるのであれば、生活保護者やホームレスになった人たちに対して、「なぜ、そうした境遇に追いやられてしまったのか」、その原因について視聴者とともに考えようと訴えかけなければならなかったはずです。

世の不条理や社会の病理に切り込んで、不幸の根本の原因を探り当てて、彼のファンとともに問題解決の糸口を探すべきだったのです。

それこそが、メンタリストDaiGoが専門知識を存分に発揮し、若者たちの真のリーダーになる道筋であるはずです。

しかし、彼が出した答えは、彼の亡き母親が大いに嘆くであろう「弱者を問答無用に切り捨てること」でした。
DaiGoは、「経済に寄与しない人間はクズ同然だ」と考えているのです。

DaiGoがせっせとやっていることは、若者たちの中に燻っている、やり場のない憤懣と憎悪をメンタリズムという妖しい呪術を使って増長させながら、ホームレスや生活保護受給者に対する暴力に仕向けようとしていることです。

そには、巧妙にカモフラージュされた明確な殺意が隠されており、彼はこの時点で、すで潜在的な凶悪犯罪者なのです。

弱者に対して攻撃の矢を放つよう、彼のファンである愚民たちを扇動して犯罪を誘発させようとしていることは明々白々です。

DaiGoを擁護しているファンの問題点は、明日、自分がホームレスになるかもしれないという想像力が欠如していることと、いざそうなったときに、今度は手のひらを返したようにDaiGoを猛烈に批判するようになるということでしょう。

そして、数年後、実際に彼を擁護している連中の何割かがホームレス同然の生活者に落とされたとき、「はて、あれは何だったのだろう?」と少しだけ気が付くのです。

それでも、自分を不幸のどん底に叩きこんだ「張本人」が誰だか分からないのですから、これ以上、不幸な若者はいないでしょう。
DaiGoは、そうした無定見で流されやすい(洗脳されやすい)若者が大好きなのです。

メンタリストDaiGoの「ヤラセ」のトリックと彼が持つ強い「怨念」の理由(記事の後半部分)

〈中間省略〉

・・・東国原英夫は、「この人の差別偏見思想・優生思想はどうやら筋金入りのようだ。反省・矯正は容易いものでは無さそうだ。全ての活動を一旦休止して、中長期で専門家のカウンセリング等を受けるべきだと思う」と自身の考えを述べています。

「反省・矯正」という言葉を出す東国原の意見は極端だとしても、DaiGoの非常に特異でオゾマシイ面相から漂う妖気を感じ取っている人であれば、彼が将来、大それたことをしでかす前に、一刻も早く精神鑑定を受けて「己の危うさを認識しておくべきだ」と進言したくなるでしよう。

少なくとも、DaiGoの論理のすべてが最初から破綻していることを本人に気付かせることは必要です。

彼が毒舌を封印し反省のポーズを取って逃れようとしても、今までの手口を変えるだけで本質的には何も変わらないいでしょう。
したがって、今後、DaiGoに対する社会の監視の目を厳しくしなければならないでしょう。

まずは、ここが日本であることに感謝すべきです。
米国であれば、DaiGoは袋叩きに遭っているでしょうから。

〈中間省略〉

・・・なぜ心理学を専門とする大学教授を始めとして、多くの「専門家」がDaiGoの差別的発言にこれほど敏感になっているのでしょう。

その理由は、スポーツ新聞紙やタブロイド紙でさえ書くことができないようです。

なぜなら、DaiGoファンの精神構造は、2016年7月26日、神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で19人の重複障害者を殺害、26人の重軽傷者を生んだ植松聖や、つい先日、小田急線の車内で刃物を振り回して無差別刺傷事件を起こした対馬悠介のそれと似ているからです。

マスコミは、洗脳されたDaiGoファンによって、あの悲劇が繰り返されないとも限らないと慎重になっています。

・・・DaiGoは、二度、母親の死に立ち会ってしまいました。

彼の母親は、心血を注いでDaiGoに本物の愛情を注ぎこみました。
他人にも、自分と同じように愛情を注ぐことができる大人になってほしかったからに違いありません。

しかし、DaiGoは、それに応えることができなかったのです。

彼の勘違いと強欲さは、彼の心の中の生きている愛する母親までも消してしまったのです。

※この記事のyoutubeなど動画化を禁止します。

●この記事はウェブマガジンの2021年8月20日配信の最新記事優生思想を肯定するメンタリストが社会に及ぼすメンタルな破壊行為」からの抜粋です。
全文はウェブマガジンでお読みください。

【初月無料】 新規お申し込みの月の8月1日から8月31日までの1ヵ月分は「お試し期間」で無料購読できます。

8月途中での新規お申込みでも、8月1日から8
月31日までの間に配信されるすべてのウェブマガジンを無料で読むことができます。
内容が気に入ったら、そのまま継続してください。

その場合、購読料が発生するのは翌月2021年9月分からとなります。
foomii_web.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応しています。





               
NEXT Entry
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋①②
NEW Topics
今世紀最大の逆イールド発生!大倒産時代をどう生き残る
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント③
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント②
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント①
この冬から始まる世界同時崩壊のイベント
計画的食料危機で世界政府があなたをシープルにする方法
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む④
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む③
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む②
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む①
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top