ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »   ウェブマガジン  »  日本の親韓・親中派/日韓トンネルは一帯一路につながる
               
mag202106-1.jpg

投資家のジム・ロジャーズが、1年半前に「日韓海底トンネル」の日本側起点となる佐賀県唐津市の調査斜坑の現場を訪れた。

今年4月7日に行われた釜山市長選では、「日韓トンネルの実現」を公約に掲げた金栄春(キム・ヨンチュン)が大差をつけて当選した。

お蔵入りだった幻の「日韓海底トンネル計画」はジム・ロジャーズの現地視察と、トンネル推進派が擁立した候補が釜山市長選を制したことによって一気に再燃した。

(ここにも重要な記事があるのでお読みください)


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(6月11日配信)親韓派・親中派議員の目論見ー再燃する日韓トンネルは一帯一路につながる」の記事の3分の1程度です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。

日本に潜伏している朝鮮系マイノリティーの蠢動

去年の8月、私は長崎県の対馬に調査目的で3日ほど滞在しました。

「調査目的」といっても私が何らかの団体に所属しているわけではなく、あくまでも自費で行っている単独行です。

私が、今までいただいたすべてのお誘いをお断りしてきた理由は、団体やグループに所属した途端に、何らかのバイアスがかかって真相が歪められてしまうからです。

ですから、今までも団体やグループに所属したことはないし、将来もそうすることはないでしよう。
ましてや、私がもっとも嫌っている「徒党を組む」といったような不潔なこともしないでしょう。

なにより、そうした市民グループや政治色の強い団体のすべてを信用しておらず、そうした運動をしている人間のすべてを拒絶しているからです。

対馬訪問の目的は、地元の人々の間で「オソロシドコロ」と呼ばれている表八丁郭と裏八丁郭を訪ね、最終日に、日韓トンネルの掘削現場を訪れて、この計画の進捗状況を調べることでした。

そして、何より対馬経済の現状を自分の目で確かめることでした。

〈省略〉

・・・日韓トンネルは、九州佐賀県唐津市を起点として、壱岐、対馬を経由して韓国釜山、巨済島へ至る 総延長209~231km(海域部は168km)に及ぶ長大な海底トンネルです。(下のルート図)

mag202106-2.jpg

実質的な推進母体である「国際ハイウェイ財団」の公式ホームページには、「この計画に先鞭をつけたのは日本側のほうで、1982年4月に国際ハイウェイ建設事業団を発足させた後、翌年5月に“学識者たち”によって日韓トンネル研究会が設立された」と記されています。

しかし、これは、読んだ人に錯誤を引き起こすに違いありません。

正しくは、同じく「国際ハイウェイ財団」の公式ホームページにあるとおり、「まず最初に、1981年11月に統一教会の文鮮明(2012年没)が、日韓海底トンネルによって日本と韓国を結ぶという国際ハイウェイ構想を提唱し、翌年の1982年4月に、国際ハイウェイ建設事業団が設立され、久保木修己が会長に就いた」です。

日韓トンネルを語るときは、ワシントンとCIAが朝鮮系マイノリティによる戦後日本の間接統治を可能にするためにつくらせた、国際勝共連合(通称:勝共連合)まで遡らなければなりません。

勝共連合は、統一教会の教祖・文鮮明が、「共産主義打倒」を掲げてワシントンの支援を受けながら創設したもので、統一教会傘下の組織です。
日本側の初代会長には、統一教会の初代会長でもあった久保木修己(1998年12月没)が就くことになりました。

しかし、CIA自体が世界統一政府を樹立して共産主義体制を打ち立てることを目的としている情報機関であり、統一教会は、合同結婚式からわかるように「反共」どころか共産主義そのものです。

CIAは米国の政府機関ではありますが、米国の利益のために活動しているわけではなく、ワシントンを乗っ取ったディープステートの利益のために働いています。

また、統一教会は韓国発の宗教ではありますが、それは同時にCIAがグローバル・アジェンダを実行に移すために立教させた宗教でもあるわけですから、韓国の国益よりも統一教会の利益(世界への教線拡大)のために活動しているのです。

両者とも「国境」という概念を持っておらず、したがって「日韓トンネル建設への先鞭をつけたのは日本側」という表現は誤りであって、正しく伝えようという意思があるなら、「このプロジェクトを推進しようとしている人々は、日本にいる統一教会勢力」、あるいは「親韓派、親中派である」と書き直すべきなのです。

重要なことは、「世界支配層のグローバル・アジェンダに与する人たち」と、「そうでない人たち」かどうかということであって、それが日本人であろうと韓国人であろうと米国人であろうと、どうでもいいことなのです。

この統一教会会長の久保木修己が「国際ハイウェイ建設事業団」の会長に就任したということは、勝共連合をコントロールしているCIAが「日韓海底トンネル構想」によって日本の国論を分断し、最終的には日本の分割統治を可能にしようという隠された魂胆があることが浮き彫りになるのです。

この先には「日本解体」が待っています。

〈中間省略〉

・・・安倍晋三は、国会でついうっかり「アジア版NATO」と口走ってしまい、ワシントンの要求に従って憲法改正後の自衛隊をどのようにしたいか“自白”してしまいましたが、その直後、野党から猛烈な抗議に遭って議事録から削除させたのです。

安倍晋三は米国の核の傘から脱しようとは考えておらず、「セキュリティー・ダイヤモンド構想」によって、あくまでも日米同盟の基調路線を崩すことなくアジアへのプレゼンスを拡大することを考えているのです。

その際にワシントンとCIAは、戦後、日中、日韓の間に仕掛けておいた尖閣、竹島問題を再燃させて、東条英機が提唱した「大東亜共同宣言」の亡霊を完全に葬り去って、日本が中国と韓国・北朝鮮と二度と手を組むことができないようにしたいのです。

これが安倍晋三がお題目のように掲げていた「戦後レジームからの脱却」の正体です。

日韓トンネルが実現すれば、中国の一帯一路につながる

〈前半省略〉

・・・統一教会の日本側のカウンターパートとしては「日韓海底トンネル推進議員連盟」という超党派の議連がありますが、メンバーの多くは九州を地盤としている議員です。

もちろん、統一教会寄り(勝共連合寄り)の国会議員、つまり、自民党の親韓派は複雑な韓国の国内事情を理解しようとしており、日韓トンネルの建設には前向きです。

しかし、韓国の文在寅が進めているように、朝鮮半島が韓国ではなく北朝鮮によって統一されれば、日韓トンネルを通って中国人民解放軍の戦車が九州に続々と入ってくるでしょう。

(今年の後半になれば、南北朝鮮統一化への動きが表面化するはずです)

万が一にも朝鮮半島が統一され、日韓トンネルが開通すれば、中国の一帯一路と結ばれてしまうので、日本は共産主義の「新世界秩序」に組み込まれてしまうでしょう。

実際に、13世紀には、元朝(モンゴル帝国)と高麗(元朝の属軍であった朝鮮軍)が対馬・壱岐と侵攻し北九州が侵略されているのです。(元寇。蒙古襲来)

〈以下省略〉

対馬の経済は、マスコミ報道ほど韓国人観光客のインバウンドに依存していない

〈省略〉

現場を見ることができるのは、対馬の阿連の山の中だけ

〈前半省略〉

・・・トンネルの坑口を見ることができるのは対馬だけです。

〈省略〉

・・・対馬の日韓トンネルの現場は、対馬市厳原町阿連(あれ)のこの地点(Googleの航空写真で表示)です。
隕石が落ちた跡に雨水がたまってできた「星池」のすぐそばです。

日韓トンネルの現場に行くには、下の略図のA地点から入るルートと、B地点から入るルートの二つがあります。(地図上クリックで拡大)

mag202106-3.jpg

日韓トンネル調査斜坑への入口「A地点」の風景(進行方向)
(B地点の風景・・・先はたぶん廃道と化しているものと思われるが、車でなく徒歩でなら、A地点よりB地点から入るほうが近い)

地元のユーチューバーが、A地点から林道に入って現場を訪れたときの往路帰路の動画

下の画像は、私が去年8月に行った時の様子。

mag202106-5.jpg

このときは、残念ながらA地点から林道を3kmほど入ったところでチェーン封鎖されていました。
この先は舗装とダートが交互に現れます。

〈以下省略〉

世界的投資家ジム・ロジャーズが日韓トンネル計画に色気を出している!?

〈前半省略〉

・・・日韓トンネルの現場を訪れようと思い立った直接のきっかけは、投資家のジム・ロジャーズが、2019年9月に日韓トンネルの日本側の起点となる佐賀県唐津市の調査斜坑口を視察に訪れ、統一教会と接点をもったことです。

彼は、福岡市内のホテルで行った講演会で次のように述べました

「38度線がなくなれば、朝鮮半島で移動の自由が起きる。
その時、日韓トンネルが極めて重要になる。
日本が朝鮮半島を通ってロシアや中国とつながるからだ・・・
日韓トンネルが完成した時は、子供を連れて東京からトンネルを通ってロンドンまで車で旅行したい」・・・

さて、ここまで読んでいただいた読者の皆さんなら気が付いていることでしょう。

このプロジェクトそのものがペテンの詐欺であることに・・・

〈以下省略〉

お蔵入りだった日韓トンネル計画が突然、注目され出した理由

さて、統一教会と日本の朝鮮系議員(圧倒的に自民党に多い)が協働で大芝居を打つ意味はどこにあるのでしょう。

この謎は、日韓議員連盟幹事長の河村建夫(自民党)の同プロジェクトに寄せる言葉を聞けば解けるでしょう。

この歯の浮くような科白の真意について記者から訊かれた河村建夫は「単に頼まれたから言ったまで」と答えました。

文在寅大統領が無関心であるのに、日本政府が国家レベルの対応として、民間のカルトである統一教会と交渉することはできないでしょう。

河村建夫が関心があるのは日韓トンネルではなく、参政権を持っている日本の統一教会員や在日帰化人組織の選挙票です。
そのために、河村は統一教会の広告塔を努めることにしたのです。

〈中間省略〉

・・・統一教会傘下の国際勝共連合の機関紙「世界日報」は、ジム・ロジャーズの現地視察を取り上げて、日韓トンネルの実現性になんとか信憑性を与えようとしています。

その理由を東京新聞(3月15日付)が詳しく報じています。

4月の釜山市長選を前に、統一教会に支援された保守系野党の候補者が、何か話題になるような花火を打ち上げなければならないと、「日韓トンネルの韓国側の起点となる釜山市の将来的な発展は、このトンネルの実現が約束してくれる」とばかり選挙公約に掲げたのです。

よほど目玉になる選挙公約がなかったのでしょう。
苦肉の策として引き出しの奥を探ってみから、埃にまみれた日韓トンネルの計画書が出てきたというわけです。

起案から100年以上が経っても地質調査目的の斜坑しか掘られておらず、このままお蔵入りかと思われていた「日韓海底トンネル計画」は、ジム・ロジャーズの現地視察をきっかけに突然、再燃したのです。

これが大当たりして、釜山市民は日韓トンネルの推進を公約に掲げた最大野党「国民の力」の朴亨埈(パク・ヒョンジュン)が大差をつけて見事に当選

反対に日韓トンネルに反対していた文在寅大統領率いる与党「共に民主党」の候補者は大敗を喫したのです。

果たして幻だった日韓トンネル構想は、2021年になってからリバイバルヒットを果たしたのです。

〈以下省略〉


※この記事のyoutubeなど動画化を禁止します。

●この記事はウェブマガジンの2021年6月11日配信の最新記事親韓派・親中派議員の目論見ー再燃する日韓トンネルは一帯一路につながる」からの抜粋です。
全文はウェブマガジンでお読みください。

【初月無料】 新規お申し込みの月の6月1日から6月30日までの1ヵ月分は「お試し期間」で無料購読できます。
6月途中での新規お申込みでも、6月1日から
6月30日までの間に配信されるすべてのウェブマガジンを無料で読むことができます。
購読料が発生するのは、翌月2021年7月分からとなります。
foomii_web.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応しています。




               
NEXT Entry
富裕層を殺す愛国者税と中国のGDPを世界一にしたい理由
NEW Topics
外側のフリーメーソン、内側の藤原氏ー内憂外患の皇室
キッシンジャーの人工飢饉とゲイツの人工培養肉ーその3
キッシンジャーの人工飢饉とゲイツの人工培養肉ーその2
キッシンジャーの人工飢饉とゲイツの人工培養肉ーその1
東京・渋谷から始まるハクスリーの「すばらしい世界」
ETHべースのデジタル通貨によるテクノクラート専制主義
富裕層を殺す愛国者税と中国のGDPを世界一にしたい理由
日本の親韓・親中派/日韓トンネルは一帯一路につながる
世界支配層に青田買いされた小室青年に与えられた役割
「眞子さま結婚問題」の背景に敗戦後の皇室破壊工作③
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top