ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »  2022年08月
               
mag202208-26.jpg

「ならんだ ならんだ 赤・白・黄色     どの虫みても 食べたいな」・・・
消費者の食卓を彩る昆虫食が続々と登場している。

アスパイア・フードは、カナダのオンタリオ州ロンドンに、世界最大のコオロギ工場を稼働させた。
同工場は、人間とペットの食事用に年間9000トンの食用コオロギを生産する。

日本の大手食品メーカーは、
疑似食品の開発に余念がない。
数年後の食卓は、環境に影響を与えないよう研究室やハイテク工場で生産される「イミテーション食品」で溢れかえるだろう。

この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(8月27日配信)演出される食料危機で世界政府があなたをシープルにする方法」の一部の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202208-19.jpg

いま、西側諸国がよってたかって潰そうとしているのが、ロシアに代表されるような国家主義である。
日本語の解釈ではナショナリズムに近い。
バイデン、岸田、その他の欧州の政治リーダー(ファイブアイズの国々を含む)たちが、こぞって打倒しようとしているのが、このナショナリズム、つまり国益である。
彼らにとって「国益」が最大の敵なのである。
岸田は「新自由主義の格差を是正する」といって不正な自民党総裁選に勝ち抜いた。
では岸田の言う「新しい資本主義」とは何か。
これこそグローバリズムの超独裁なのである。
日本の政治家の頭でわっかるかなー、
わっかんねーだろうナ。永遠に。

この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(8月20日配信)計画的な食料危機が配給制度を復活させ、UBIによって一気に人口削減に進むーその4」の一部の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202208-18.jpg

食糧危機と食料インフレによって、水面下でタッグを組む米中。
台湾海峡における一朝有事は、中国による台湾の侵略的な併合が第一の目的ではなく、それは「日本の解体」である。
あ~あ、これでも、まだ気が付かない日本の愚かな知識人たちは、無残にも、ことごとく淘汰されていくだろう。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(8月17日配信)計画的な食料危機が配給制度を復活させ、UBIによって一気に人口削減に進むーその3」の一部の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202208-06.jpg

11月8日の中間選挙に向けて、米・民主党による「保守潰し」と「キリスト教潰し」が始まった。
安倍晋三氏の非業の死も、その大きなフレームの中に含まれている。
両者は無関係ではない。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(8月11日配信)計画的な食料危機が配給制度を復活させ、UBIによって一気に人口削減に進むーその2」の一部の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202208-02.jpg

グローバリストは、これから世界各国で食料暴動を仕掛けてくる。
その結果、飢餓の恐怖に耐えきれなくなった人々は、大規模な抗議活動によって、それぞれの政府の既存勢力を打倒し、全人類乞食制度「ユニバーサル・べーシック・インカム(UBI)」を喜んで受け入れるようになるだろう。
そのとき、食料はQRコードによって世界政府に一元管理される。
そこから先は、人類「屠殺」ワクチンの強制接種によって、徹底した人口削減が始まる。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(8月5日配信)計画的な食料危機が配給制度を復活させ、UBIによって一気に人口削減に進むーその1!」の一部の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
               
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top