ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »  2020年11月
               
mag202011-23.jpg

トランプと彼の支持者は、勝利へのしっかりした展望を持っている。
これから、トランプの弁護団は、マルキストの民主党の外堀を埋めつつ、本丸に攻め入るだろう。

誰かが、「この大統領選の最大の敗者はメディアである」と言った。
そのとおり、メディアと軽佻浮薄を絵に描いたようなジャーナリストと、いわゆる「有識者」と呼ばれている人々だ。

彼らが、いかに知性に欠けた愚劣で邪悪な生き物たちなのか、もうすぐ誰にでも分かるようになるはずだ。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事トランプが大統領になった本当の目的と中国メディアに登場するロスチャイルドの真意ーその1、その2」の2本の記事の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202011-19.jpg

問題は、「バイデンが、このまま逃げ切るのか」、あるいは「トランプが逆転勝利を果たすのか」ではありません。
真相が暴かれたところで、有権者はいままでどおり投票に行きますか?という話です。

したがって、次の大統領選は行われないだろうし、確かに民主主義は終わるということです。


以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新配信記事トランプ勝利は近い!解明されつつある米大統領選の不正のメカニズム」の2本の記事の一部です。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202011-6.jpg

不正の証拠があふれ出て止まらなくなっている・・・

誰でもわかる嘘を、これでもかと流す主流メディアの厚顔無恥。

政治家、州務長官、郵便局長、FBI・・・彼らが、スケジュールどおりにカマラ・ハリスを大統領にしなければと、髪を振り乱して破れかぶれになっているのは、すべてが「グレート・リセット」に間に合わせるためだ。


以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新配信記事米国を共産主義化する「カマラ・ハリス大統領誕生」の計画をトランプは阻止できるかーその1、その2」の2本の記事の一部です。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202011-3.jpg

バイデンは中国共産党のスパイ同然!
この不正選挙に失敗すれば、民主党は崩壊の危機を迎える。

そして、今度こそ米国で内戦が惹起され、本当の崩壊が始まる。


以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新配信記事「トランプ勝利」によって共産主義者が「ゼロデイ(Zero Day)攻撃」に踏み切る!?」の一部です。
全文はウェブマガジンでお読みください。
               
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top