ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »  2020年09月
               
mag202009-23.jpg

これから、テレビの視聴者は、この凄まじい悪相の男を反復して見せられているうちに善悪の判断力を失っていくだろう。

ITの専門家からすれば、マイナンバーほど馬鹿げた税金の無駄遣いはないということになる。
私が「マイナンバーは、兆の単位の税金を使った官僚のお遊びに終わる」と前から言っているように、「なーんの役にも立たない」。

財務省は、デノミの準備として国民の資産を隅々まで炙り出して管理するための「名寄せ」に重点を置いているが、グローバルなデジタル通貨制度の枠組みに日本が組み込まれる段階になった時は無用の長物となるだろう。

菅義偉がデジタル改革担当大臣に任命した電通出身の平井卓也は、自民党の「国民洗脳戦略」を実行してきた大悪党である。
またまた、[マイナンバー=自民党+電通]利権が自民党内に「想像以上に」深く根を張っていることが証明されることになる。

つまり、最初から金をドブに捨てる結果になることが分かっていながら、霞が関と永田町、そして一部の民間企業だけを潤すために「政・官・(一部の)民」が一体となった
莫大な税金を投入する大規模な「詐欺」ということだ。

以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事デジタル庁による国民監視社会の始まりと、宇宙作戦隊による宇宙“幻想”戦争ーその1」の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202009-16.jpg

菅政権が目玉にしようとしている「デジタル庁」。
これは、われわれの健康を破壊する5Gの普及に拍車をかけるだろう。

しかし、菅内閣の面々が気絶するくらい有害で無能なので、うまくいかないことがせめてもの救いになる。

以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事“アドレノクロムな世界支配層”が描く河野太郎・新総理誕生までのシナリオーその3」の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202009-13.jpg

菅義偉は、勝ち過ぎた
菅義偉新総理は、
令和の竹下登だ?

相変らず、救いようのないメディアたち。

菅義偉の圧勝は、菅が総裁選に出馬を決める前に決まっていた。
政策論争なき密室談合総裁選は、かくして予定通り、菅圧勝のシナリオを消化してスタートする。

この短命内閣の次は「戦争内閣」になる。準備に本腰を入れなければならない。


以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事“アドレノクロムな世界支配層”が描く河野太郎・新総理誕生までのシナリオーその2」の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202009-5.jpg

世界支配層と呼ばれている国際銀行家や欧州王家の老人たちを強い絆で結び付けているものは何でしょう?

ボヘミアン・グローブの森で、一糸まとわぬ姿でマードック神(バビロンのニムロド王の別名)にいけにえを捧げ、その血液をともにすすった仲だから?

いえいえ、それはアレックス・ジョーンズやデーヴィッド・アイクが創り出した架空の話で、彼らを結び付けているのは「バンパイア若返り法」です。

偉大なエンタティナー、マイケル・ジャクソンは、スリラーなどのダンス・パフォーマンスで、それを世界に知らせようとしていた。


以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事“アドレノクロムな世界支配層”が描く河野太郎・新総理誕生までのシナリオーその1」の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202009-1.jpg

石破茂を次の総理大臣に据えたい人々は、彼が、なぜこんなことを言ったのが理解しているだろうか。
「(森友・加計疑獄、桜を見る会・・・の問題について)何がどういう問題であるのかの解明をまず第一にやり、
必要ならば当然やる」。

ある意味では二階俊博以上の親中派である石破茂は、二階派(志帥会)の支援を受けてもおかしくない。

しかし、「必要ならやる」と言った以上、安倍晋三だけでなく二階俊博にも捜査の手が及ぶかもしれないと警戒して、1回裏だけの
中継ぎリリーフの菅義偉を後釜に据えることにしたようだ。

菅義偉の役割は、安倍内閣の犯罪を隠蔽するためのストッパーだから、記者会見では、すぐに「あなたに答える必要はない」を繰り返すようになるだろう。

菅義偉も疑惑のデパートだから、ペンタゴンはすぐに彼を潰し、永田町はすさまじい混乱に陥る。
そして来年は政治が止まる。「空」になるのである。

つまり、貧乏くじを引きたくない石破は本音では総理大臣になる気などないということだ。

以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事アベノミクスの死から日本の第二の占領、そして三度目の経済の死の後の日本の乗っ取り」の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
               
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top