ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »  2020年06月
               
mag202006-23.jpg

世界政府の樹立を目指している世界経済フォーラム(ダボス会議)の創設者で現会長のクラウス・シュワブが、6月1日、「2021年のダボス会議の議題をグローバル・リセットに設定した」と公言した。

「彼ら」は本気で、2021年から世界経済崩壊を引き起こそうとしている!!


以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事「ダボス会議の「グレート・リセット2021年」宣言が世界経済崩壊が不可避であることを予告」の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202006-18.jpg

国際金融勢力は、世界中を徘徊して行き場のなくなった巨大な資本をブラックボックスのように飲み込んでくれる新しい金融都市を必要としている。

「あったあった、東京が!」「いたいた、小池百合子が!」


以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事小池都政の下で加速するスーパーシティー構想で東京は一気にバビロン化する」の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。

mag202006-13.jpg

トランプの本当の正体については、米国人でも分からないらしい。
情報筋の観測では「トランプ続投は固い」とのことであるが、11月の大統領選の前に大きなイベントが用意されており、それがエネルギー危機、食糧危機に発展する可能性が出てきた。

以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事自由を守るための戦場になる日本と米国、そして米大統領選の行方ーその3の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202006-4.jpg

白人警官による黒人のジョージ・フロイド氏の殺害に端を発した人種差別に対する抗議運動が、米国からヨーロッパに波及している。

いよいよ待ちに待った「99%」による革命が起こるのだろうか!?

まったく間違い!
真相は、そんなところにはない!

これは「略奪者と被害者が一緒に働く」国家を封鎖するための青写真に他ならず、ここでも唆されている「99%」は、またまた騙されて世界奴隷制度にまっしぐらだ。

悲しいかな、人々があまりにも愚かなため、米国で戒厳令が発動されるだろう。
そして、ならず者の政治家たちによって、日本もこれに追随しようとしている。

世界は、なんと無情なんだろう。


以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事「自由を守るための戦場になる日本と米国、そして米大統領選の行方」のその1その2の2本の記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
               
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top