ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »  2020年03月
               
mag202003-44.jpg

予想していたとおり、英国の元首相が「新型コロナウイルスとの闘いに勝利するためには、世界政府の樹立が必要だ!」と言い出した。
これが、このウイルスを世界中にばら撒いた「超国家」の本当の目的だった。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202003-36.jpg

G20が、パンデミック(世界的な大流行)への対処に世界経済に5兆ドル(約550兆円)を投入すると表明した。

中でも米国は、日本円で220兆円規模の経済対策案が上院で可決され、FRBが米国債や住宅ローン担保証券を必要なだけ買い取る無制限量的緩和を決定した。

これは、世界統一政府というゴール一歩手前の「地域経済のブロック化」を進める。
これが、世界支配層が、人工ウイルスを世界中にばら撒いた真の目的だ。

これから台頭してくるのは、グローバリズムの再編を促す「地域主義」で、この流れに逆らう中国、イタリア、イランが、生物兵器「COVID-19」のターゲットにされた。

日本が新世界秩序の下で、アジアの地域政府になるかどうは、東京のロックダウンの対処いかんにかかっている。

まだ「生物兵器かどうかわからない」と言っている人たちを、もう捨ておきなさい。救いようがない。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202003-32.jpg

米国の政府機関は、「3月下旬に米国はパンデミック・レベルに突入する」との前提で、国家安全保障会議(NSC)の主導の下に、情報コミュニティーと軍事コミュニティとの間を舞台裏で調整している。

また、税関・国境警備局(CBP)のパンデミック対応指針には、「ウイルスのキャリアの疑いのある個人を特定し、積極的に監視および拘留することを許可する」と明記されている。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202003-27.jpg

習近平は、感染源の特定を命じた。
これから中国共産党の逆襲が始まる。

しかし、その後は、中国バブルが大音響を響かせて破裂する。

この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。

2、3日前から、中国共産党による「習近平は中国の新型コロナウイルスとの戦いに勝利した」というプロパガンダが開始されたことを確認したWHOのテドロス事務局長がパンデミック宣言を行った。

習近平は、愚かな中国人民に向けて、このように言っているでしょう。

「中国発のパンデミックは起こらなかった。
わが偉大なる中国共産党が防いだからだ。
本当のパンデミックは、日本と米国、そしてヨーロッパで起こっているじゃないか」・・・

彼はテドロスとの電話で、かんらかんらと笑っているでしょう。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202003-11.jpg

新型コロナウイルスのパンデミックは、世界中からき莫大な資金を集め、ワクチンを開発するために投じられる。
ここで暗躍している影のグローバル勢は、去年、パンデミックを前提とした実践的シミュレーションを行っていた。

この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202003-1.jpg

「勇気をもって相手を拒絶することこそが、恐怖と不安に負けた人が暴動に走ってしまうことを阻止し、結果として、相手を救うことになる」と心得てください。

本当に相手を助けたいと思っているのであれば、自分がどう思われようとも「そうするべき」です。

でなければ、必ずやってくる第二波、第三波がきたときに共倒れになってしまうでしょう。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
               
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top