ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »  2020年01月
               
mag202001-24.jpg

中国は「超限戦」のセオリーに沿って、デジタル人民元を間もなくローンチする。

この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202001-19.jpg

2019年9月14日のサウジ・アラムコへの攻撃が世界経済の転換点で、今年5月頃には大きな潮目の変化を迎える。

この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202001-18.jpg

水面下で始まった量子暗号戦争によって、ハルマゲドンには核兵器は使用されず、巨大天変地異によって滅びる、という新しい解釈が生まれる。

この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202001-10.jpg

これから中東で起こるを予想しようとしても、少なくとも旧約聖書のエゼキエル書・第38章と第39章を理解しなければ、絶対と言っていいほど不可能。

世界の指導者たちは、終末論に沿って動いているからである。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202001-8.jpg

トランプが米国大使館をテルアビブからエルサレムに移し、シリアから米軍を撤収させると宣言したとき、旧約聖書のエゼキエル書・第38章ー第39章に預言されているエゼキエル戦争の火ぶたが切って落とされた。

スレイマニ将軍の暗殺は、現代のサイラス(キュロス)王・トランプが、「マゴクのゴク」であるロシアのプーチンに中東を明け渡すために実行したイベントであり、おそらく10年以内に、ロシア軍はトルコ軍と北アフリカ連合軍(リビアやエジプト、スーダン)を率いてイスラエルに攻め入る。

この意味が分かった人だけが、中東でこれから何が起こるのか的確に知ることができる。



この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag202001-4.jpg

台湾を拠点とする華人の秘密結社「青幇(ちんぱん)」は世界トップクラスの日本の半導体事業を買収し、これを中国共産党支配下の半導体企業に引き渡している。
これによって、人民解放軍の近代化と能力向上が達成された。

それを手引きしようとしていたのが、これから名前が挙がるであろう自民党と日本維新の会の国会議員たちである。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
               
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top