ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »  2019年12月
               
mag201912-25.jpg

株式市場、債券市場、不動産市場・・・あらゆる市場が明らかに「バブル状態」となっている。
不気味な蠢動が崩壊への序曲を奏で始めている。

後は、バブル崩壊のトリガーを誰が、いつ引くのか、ということだけだ。
2020年は決して油断のできない年になる。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201912-20.jpg

通貨の発行権を使った中央銀行のステルス性略奪システム、そして、あらゆる国際機関が人々を苦しめるために使用している詐欺的システムは、すべてグローバル・エリートの家系だけが古代から受け継いできた「バビロニアン・マネー・マジック」の根本原理に依拠している。

この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の要点抜き出しです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201912-13.jpg

ワシントンが出す情報を鵜呑みにしてはならない。
FRBの情報を額面どおりに受け取ってはならない。
45歳リストラ時代、2022年問題を遊泳するためには、パラダイム・シフトを理解しなければならない。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事のダイジェストです。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201912-8.jpg

気候変動対策にいくら資金をつぎ込んでも、環境を改善することはできない。
なぜなら、地球温暖化の原因は明らかに二酸化炭素ではないからである。

したがって、グリーン・ファイナンス市場など、国際金融資本にとっては次の猟場に過ぎず、彼らが私たちに押し付けようと準備万端ととのえているグローバル税を受け入れてしまえば、世界の人々は、いよいよ虎の子を巻き上げられるだろう。

これに加担しているのは、なんと白痴化した官僚たちなのである。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事のパート2パート3の一部抜粋です。
抜粋ですので文章としての脈絡はありません。
全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201912-1.png

米国全土の地下に展開する巨大地下基地のネットワーク。
第三次世界大戦をも辞さない構えで、貿易戦争を強化するトランプ。
なぜこれほどまで関税戦争を長引かせるのか・・・答えは「見えない世界政府」によるグローバル課税。


この記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事の一部抜粋です。 全文はウェブマガジンでお読みください。
               
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top