ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム
               
mag202101-2.jpg

トランプ政権は、2016年にペンタゴンと国家安全保障局(NSA)の強力なバックアップを受けて誕生した。
NSAと量子コンピュータでつながっている本物の「Q」と「Anon」はグノーシス・イルミナティー(バーバリアン・イルミナティー)である。

「Q」とは、誰もが連想するように、「quantum(量子)」のことで、
Anonとは、そのまま「anonymous」のことである。

つまり、QAnonとは、量子コンピュータで未来予測を行って戦略を策定する「Q(量子)」を使う、これからも決して表に出ない、わずか数人の慈善的な天才たちのことである。

この数人は、トランプとは直接つながっていないが、量子コンピュータの「未来予測プログラム」を使っている。未来を読むのだ。

量子コンピュータでは「並列処理」が可能になるので、処理するデータの桁数が多くなれば多いほど計算が速くなり、未来に起こる「蓋然性の高い」情報を得られることになる。

導き出された何通りかの解に沿って、何十重にも何段階にも分けて戦略と戦術を練るのである。

トランプの声にならない心の叫びを代弁するとこういうことになる。
「すべての多国間協定を破棄して二国間協議に軸足を移した私は、相手国からすれば、傲慢で鼻持ちならない嫌な奴と映っているだろう。
しかし、私たちが闇の住人たちを成敗できなければ、世界は真の暗闇に堕ちていき、二度と光を見ることができないようになる。
だから、民主主義の旗を掲げて正義の下で新しい米国をつくろうとしている我々に協力してくれ」・・・

しかし、これは「魔」に感応して思考力が壊死してしまった世界の人々には理解できない概念なのである。

この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(1月15日配信)「早くも始まったバイデン離れと危機モードに入ったディープステート」の記事の抜粋です。(事情により、今回は一部の抜粋のみですので記事としての脈絡はありません)
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202012-29.jpg

運命の1月6日は、「憲法修正第12条」に加えて、1887年に制定された「選挙人計数法の廃止」が、マイク・ペンスに大統領選のすべての決定権を付与するための「独占的権限」を与えるだろう。

この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事ドミニオンの不正選挙システムの別の目的は、中共による米国の核防御突破にあるーその2」の記事の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202012-26.jpg

中共とロシアが軍事同盟を結んだ。
ロシアの真意はいかに・・・だが、それについては次回のパート2で。

1月6日にワシントンD.C.で行われるアンチDSのミリオンマーチに、中共の工作員が潜入して破壊工作を行う可能性が高い。
ペンタゴンは市民を守るために万全の態勢で臨むべく準備をしているが、この陽動作戦に引っかかった中共・民主党は、その瞬間、国家反逆罪対象のテロリストに認定され、次々と逮捕されるだろう。

この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事ドミニオンの不正選挙システムの別の目的は、中共による米国の核防御突破にあるーその1」の記事の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202012-23.jpg

米インテリジェンス・コミュニテイーのトップ、ラトクリフ国家情報長官が、半年前から複数の主流メディアのインタビューを受けて、〈中国+ディープステート〉による米国の乗っ取りについて警告してきた。

彼は、慎重に段階を踏んで「戒厳令ありき」の布石を打ってきた。
米国の政府機関に入り込んでいるディープステート(中共と共同する極左グローバリスト)を完全に炙り出すためだ。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事中共の衛星破壊によって通信網が遮断される事態に備えた米軍の動き」の記事の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202012-15.jpg

法的根拠のない12月14日の選挙人による投票が終わるとともに、不正があったと認める州が続々と出てきた。

決戦は来年1月。戒厳令は近い。
これが過ぎると、世界は暗転するだろう。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事『トランプ逆転勝利』の後に待ちかまえているバイオテロと食料不足ーその4」の記事の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202012-12.jpg

50以上の裁判で却下されても意気軒昂…トランプ大統領の逆襲、まだまだ続く」って・・・

州の裁判所で却下させる・・・これが、最短距離で連邦最高裁で争うための作戦なんだよ。
新聞・テレビに続いて週刊誌も全滅だ。

ところで、またまた
異臭騒ぎ・・・

関東大震災の前にも同じような騒ぎがあったとか・・・
しかし、それは確認されていない。作り話だ。

これは地震の前触れではなく、不安を高めるために人為的に起こされている。

来年は、C国によるテロに注意。
台湾への旅行は自粛すること。
この期に及んで、そんな人は少ないだろうが。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事『トランプ逆転勝利』の後に待ちかまえているバイオテロと食料不足ーその3」の記事の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202012-6.jpg

間もなく米中戦争の火蓋が切って落とされる。
対中NATO軍は組織された。

菅義偉の媚中内閣はうろたえながら「自助 共助 公助」をお題目のように繰り返すばかりで我が国の国民を見捨てるだろう。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事『トランプ逆転勝利』の後に待ちかまえているバイオテロと食料不足ーその2」の記事の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202012-2.jpg

メリークルシミマス!
「苦しみよ こんにちは!」だ。

クリスマス直前に形成される「木星と土星による800年ぶりの特殊な惑星の配置」によって要警戒期間に入る。
制限・重圧・停滞が数倍のエネルギーを持って人々に降りかかり、世界は苦しみに包まれる。

この苦しみは「生みの苦しみなのか」、それとも、「暗黒がもたらす永遠の苦しみになるのか」。
果たして
人類は、この苦しみを歓びに変えることができるのか・・・希望を失わなければ・・・たぶん。

トップ画像に配置したキーワード・・・「ダークウィンター」「シビルウォー」「マーシャルロー」「フードクライシス」「パンデミック」「エコノミックコラプス」「ディストピア」・・・2020年暮れから2021年にかけて、これらのイベントが目白押しだ。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事『トランプ逆転勝利』の後に待ちかまえているバイオテロと食料不足ーその1」の記事の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202011-23.jpg

トランプと彼の支持者は、勝利へのしっかりした展望を持っている。
これから、トランプの弁護団は、マルキストの民主党の外堀を埋めつつ、本丸に攻め入るだろう。

誰かが、「この大統領選の最大の敗者はメディアである」と言った。
そのとおり、メディアと軽佻浮薄を絵に描いたようなジャーナリストと、いわゆる「有識者」と呼ばれている人々だ。

彼らが、いかに知性に欠けた愚劣で邪悪な生き物たちなのか、もうすぐ誰にでも分かるようになるはずだ。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事トランプが大統領になった本当の目的と中国メディアに登場するロスチャイルドの真意ーその1、その2」の2本の記事の抜粋です。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。
mag202011-19.jpg

問題は、「バイデンが、このまま逃げ切るのか」、あるいは「トランプが逆転勝利を果たすのか」ではありません。
真相が暴かれたところで、有権者はいままでどおり投票に行きますか?という話です。

したがって、次の大統領選は行われないだろうし、確かに民主主義は終わるということです。


以下の記事は「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新配信記事トランプ勝利は近い!解明されつつある米大統領選の不正のメカニズム」の2本の記事の一部です。
全文はウェブマガジンでお読みください。
               
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top