アーバンプレッパー

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトその他  »  西山審議官
       
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sat.2011.11.19  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

西山審議官



西山元審議官 福島で除染指揮
NHKニュース  11月18日 17時42分

原発事故の直後から国のスポークスマンとして記者会見し、その後、勤務時間中の不適切な行為を理由に懲戒処分を受けた西山英彦元審議官は、18日付けで環境省に異動し、福島県で放射性物質の除染作業の指揮などに当たることになりました。

西山元審議官は、東京電力福島第一原発の事故直後から、原子力安全・保安院のスポークスマンとして 連日、記者会見していましたが、そのさなかのことし3月下旬から6月にかけて勤務時間中にもかかわらず、職場で女性の体を触るなど不適切な行為を繰り返し たとして、9月に停職1か月の懲戒処分を受けました。

西山元審議官は、今月から経済産業省の大臣官房付として職場に復帰していましたが、18日付けで環境省へ異動することになりました。

西山元審議官は、環境省が18日から福島県に設置した「福島除染推進チーム」の次長として、現地で放射性物質の除染作業の指揮などに当たるということです。

西山前審議官、除染チーム次長に 環境省「経験を評価」
asahi.com  2011年11月18日21時18分

東京電力福島第一原発事故で、経済産業省原子力安全・保安院の報道担当を務めた西山英彦・前審議官(54)=大臣官房付=が、環境省の兼任職員となって福島市の同省現地事務所に派遣され、除染推進チームの次長になる。
環境省が18日発表した。

政府一体となって除染に取り組む省庁連携の一環で、震災直後から原発事故対応にかかわった経験が評価された、という。

西山氏は、保安院の原発事故記者会見で報道対応をしていたが、週刊誌で女性問題が報じられ、6月下旬に担当を外れた。
9月末には停職1カ月の懲戒処分を受けている。

現地事務所は、環境省の除染事業の拠点として、来年1月に「福島環境再生事務所」として正式に立ち上がり、4月から200人体制になる。
西山氏のほか農林水産省と国土交通省からも1人ずつ、同チーム次長に任命された。

NHKも、朝日も、なんとなくトゲのあるような、ないような書き方です。
今度こそ、福島県庁に逃げないで、頑張ってください。

内部被曝だけは絶対にしないように。
ところで、頭に「ふりかけ」してみたら、どうだろうか。




本格メンズウィッグ 全頭用 Lサイズ (白髪10%)
SOEKS社(ロシア製)
価格: ¥ 65,100
特別キャンペーン対象

本格メンズウィッグ 全頭用 Lサイズ (白髪10%)
       
NEXT Entry
本当は福島県に何人いるか誰も分らない
NEW Topics
冬はトルマリンのイオン風呂で体の中から温まる
『カレイドスコープのメルマガ』発行のお知らせ
皮膚がんのリスクと適切な日焼け止めの選び方
2万2千件の消えた年金と「年金支給開始68歳引き上げ」
土日は福島第一原発からの放射性物質に注意!
なぜ地震予知は外れてばかりいるのか
元宝塚トップスターが心筋梗塞でドクターストップ
巨大地震と巨大津波に耐えた住宅はどこが違う?
1、3、4号機プール、共用プールすべて冷却停止、猶予は4日
春から〔PM2.5+スギ花粉+セシウム〕の粒子がやってくる
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。