スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道「疎開プロジェクト」-家賃25年3月まで無料

20111024-9.jpg
クリックで拡大


●被災地から道内への避難のための交通費は北海道が負担
  ※当団体で人数をまとめての移動が条件となります。
●子どもたちの編入手続きを簡素化
●家賃は平成25年3月末日まで無料


ご質問の多い事項をまとめました。最初に必ずご確認ください。

●対象となる地域はどこですか?
 福島県全域になります。
●どのようにして交通費が出るのですか?
 およそ10 名ほどのグループとし、一度の移動とすることで(福島~北海道)交通費支給を受けることが出来ます。
 お問い合わせを頂いた方々を私たちが取りまとめてグループとしています。
 ※ご自身で10 名集めて頂く必要はありません。※ご希望の日に行けるわけでは無いというデメリットもございます。
 ※復路も同様、10名以上の団体で帰ることが条件となります。
●家賃は無料ですか?また実費は何がかかりますか?
 平成25 年3 月末日まで家賃は無料になります。途中半年ごとの更新がございます。
 ご希望により最大上記までとなります。光熱費、共益費がかかります。(桜台共益費3150 円)
●個人で行った場合どうなるのですか?
 基本は北海道が行っている支援になりますので、交通費をご自身でご負担する場合は直接お問い合わせ頂く事になります。
その場合でも生活支援については同様の内容となります。すぐにでも避難をしたいとお考えの場合は、個人で避難された方が早い移動が可能です。
●移動は何になりますか?
 現在のところバス、フェリーでの移動となります。
●どこに住む事になりますか?
 札幌市の厚別区にあります「桜台雇用促進住宅」または札幌市手稲区の「宮の沢住宅」を予定しています。
 ただし空き状況は変動しますのでその限りではありません。
 状況により変動しますことをご理解ください。

Q&A、まだまだ続く。
詳しくは、こちらのpdfファイルをご覧ください。
http://www.befinetomorrow.com/press/kibounodaichi.pdf

管理人:

セシウムのうち、セシウム134の物理学的半減期は2年です。
2年後には、福島県の放射線量は現在の75%以下になります。

2年間だけでも、子供を放射能のない土地で、安全な食べ物を食べることで、体内の放射性物質が外に排出されることが分っています。
この記事をお読みください。


尿からセシウムが検出された子供たちのその後


福島の被曝量は殺人的です。
3.11から7ヶ月経っても、放射能はまったく衰えていません。

こうしたプロジェクトは、他にも出てきます。
一度、ご家族で話し合ってみてください。

この記事も、併せてお読みください。

15秒で海水や血液からセシウムを99.9%除去する新技術が考案される。慈恵医大



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。