アーバンプレッパー

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト子供を放射能から守る  »  放射能中古車、セシウム花粉、耳なしウサギ
       
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20120412-1.jpg
画像は、こちらのサイト様から拝借

北海道小樽港から輸出される日本の中古車。


基準値以上に放射能汚染された中古車が走っているのは事実

まだ、日本からロシアに基準値以上に放射能汚染された中古車が輸出されています。ロシアの税関は水際で上陸を防いでいるようです。

当然のことながら、国内の中古車市場にも放射能汚染された中古車が、かなりの数、出回っていることになります。


中古車から基準超す放射線 小樽からロシア・サハリン  産経  2012年4月11日
ロシア極東のサハリン税関は11日、北海道の小樽港を出発し、サハリン南部コルサコフ港に9日入港した貨物船に積載された中古車3台から、基準値を数倍上回る放射線量を検出し、輸入手続きを禁止したと明らかにした。近く日本に戻す方針という。
…………………
サハリン税関管内の港からは今年に入り既に9台の車が日本に積み戻されたという。(共同)


これは昨年の秋頃から、明らかになったもので、サハリン税関だけでなく、ウラジオストク極東税関でも、日本の中古車や自動車部品から基準値以上の放射能汚染が見つかりました。


ロシア極東税関(ウラジオストク)、中古車や自動車部品などから基準値を上回る放射線量   産経  2012年1月31日 
ロシア極東税関は31日、ウラジオストクで記者会見し、昨年3月の東京電力福島第1原発事故の発生後から同日までに日本から同税関管内の港に船舶で運び込まれた中古車や自動車部品など計535の物品から、大気中の通常の基準値を上回る放射線量を検出し、うち310物品の輸入を認めず日本に積み戻したと発表した。
…………………
日本の出港地は小樽、新潟、横浜、伏木富山、福井、大阪、博多の各港など。
ウラジオストク港では昨年の第3四半期に79物品、第4四半期に111物品から基準値を上回る放射線量が検出されたとしている。(共同)

ですから、日本の中古車市場には、基準値以上に放射能汚染された中古車が当然のように出回っています。

読売グループに育成された“原発太鼓もち”アナ、宮根誠司と滝川クリステルが司会を務める日曜ニュースバラエティ「Mr.サンデー」の3月11日放送分・「特別編3・11とニッポンと私」の中のコーナー企画で、放射能に関する「噂」を取り上げていました。

「放射能・正しく恐がろう」というタイトルで、

「放射能中古車は本当か」、
「セシウム花粉は本当か」、
「耳なしウサギは本当か」

といったような、生活者の心配をまるで都市伝説であるかのような切り口で取り上げた企画でした。

【番組検証】
放射能中古車が出回っているのは事実。
放射能中古車は業者間を転売をされて、最後にババを引くオーナーが被曝者となる

この番組の取材スタッフが、中古車ディーラー数人に覆面インタビューしたところ、中古車ディーラーは、放射能汚染されていることを承知の上でオークションに出品していることが確認されました。

ごく稀に放射能汚染に神経質になっている良心的な中古車販売業者もいて、オークションの時点でブロックしているのですが、大半の販売業者は、ほとんど放射能に関する知識を持っていないようです。

オークションで買った車が、後で放射能汚染されていることが分かった場合は、同業者に転売され、それがまた次の同業者に転売…と、“ロンダリング”が繰り返されていくのです。

私も最近、車を中古車ディーラーに下取りに出したのですが、その際、何回か放射能汚染中古車が、どれくらい出回っているのか訊ねたのですが、相手は話をはぐらかすばかりでした。

中古車を購入する際に、業者にいくら訊いても絶対に答えませんから、購入を検討するような車が見つかったら、自分でガイガーカウンターを使って計測するしかありません。
特に室内、シート地、インパネ周り、エアコンの噴出し口は念入りに。


政府の放射能に対する態度が曖昧なうちは、中間業者、小売業者のモラルはどんどん崩壊しています。
メル・ギブソンの出世作、「マッドマックス」を思い出しました。

【番組検証】
セシウム花粉は来年以降も注意。常緑樹の葉っぱには、放射性物質が集っている

「セシウム花粉は本当か」ですが、番組では、実際にスギ林の近くに行って空間線量を計測していましたが、「若干、線量が高め」という結果を報告していました。

林野庁の「心配ないレベル」という見解を、そのまま使っていました。

2月8日に発表された林野庁の調査結果では、スギ雄花に含まれるセシウムの量がもっとも高い地点では、253,000ベクレル/kg(福島県双葉郡浪江町小丸)ということでした。

この値は、
「現在の東京・新宿区で計測される 1時間当たりの放射線量の10 倍程度なので、健康に大きな影響があるとは考えられない
ということになるのです。

とにかく10倍以上、あることは確実です。実際は、もっとあるでしょう。

番組では、「スギは常緑樹なので、落葉しないからセシウムが蓄積されていく」と、一応、注意を促してはいましたが。

林野庁が、2月8日の発表の後、以下をリリースしています。


「落ち葉の除去 除染に有効」…林野庁  (2012年2月16日  読売新聞)

調査は昨年8~12月に、同県大玉村、川内村、只見町の3地点で行い、針葉樹はスギとアカマツ、広葉樹はコナラを調べた。
……………
その結果、セシウムは、針葉樹では葉に18~40%、落ち葉に22~50%の割合で、広葉樹では落ち葉に66%の割合で、それぞれ含まれていた。

広葉樹で落ち葉の割合が高いのは福島第一原発の事故当時、葉を付けておらず、地表に降下したセシウムが落ち葉に集中したためとみられている。

アカマツは2 年以内に大部分の葉が落ち、スギも3~4年で葉が生え替わる。

同庁は「除染には継続的な落ち葉の除去が有効」としている。

スギなどの針葉樹は、全部の葉が生え変わるのに3~4年かかるので、昨年3月の原発が水素爆発したときに、葉に付着した放射性物質は、そのまま温存されて花粉に移行し、次の年(来年)もセシウム花粉となって、大気中に放出されるということです。

東電の発表が正しければ、今、福島第一原発から放出されている放射性物質の量は一日当たり1億ベクレル以下ですから、昨年の秋から冬にかけて落葉した広葉樹には、今までと比べて、ほんの少しだけ放射性物質が付着していることになります。

標高や植生によっても違いますが、本州なら、おおよそ標高1000メートル(いちがいに言えないが)程度までの低山の広葉樹なら、今年の紅葉期の後に迎える落葉期になっても、放射性物質は少ないということになります。
それより、森の土の表面のほうが怖いということになります。

落葉と共に、土の表面に落ち葉とともに、ほとんどの放射性物質が落ちている、ということになりますから。

反対に、スギを始めとする針葉樹は、今年も引き続き注意ということになります。
いずれにしても、森の中に入ることは非常に危険です。

【番組検証】
浪江町の「耳なしウサギ」は、結局、よく分らない


最後に、「耳なしウサギは本当か」についても番組では、検証していました。

外国では、「核ウサギ」として報道されている耳なしウサギ。



浪江町在住の飼い主の女性(匿名)に、その大きくなった耳なしウサギを持ってきてもらい、その後、いろいろ計測。

福島第一原発爆発当時の空間線量と、耳なしウサギの母親が飼われていたウサギ小屋の土の線量を比較。
そして、ウサギの餌を栽培していた土を採取してシンチレーション・サーベイメータにかけて計測。結果、セシウム検出。

母ウサギと同じウサギ小屋で飼われていた別のウサギをホールボディーカウンターにかけたとろ、明らかに内部被曝していることが判明。セシウムがしっかり検出されました。

この耳なしウサギの母ウサギが飼育されていた環境は、まぎれもなく放射性物質にまみれていました。

そこで、番組では、「どの程度、内部被曝していたら奇形が起きるのか」に焦点を絞って、専門家に評価を依頼しました。

北里大学獣医学部の伊藤伸彦教授は、
「集中的に(積算で)100ミリシーベルトを浴びていなければ奇形の可能性はない。
ウサギの妊娠期間は短いので、細胞分裂の激しい期間に集中的に被曝すると、奇形が生まれることがあるが、100ミリシーベルト以下では、それも考えにくい」という見解。

耳なしうさぎ「放射線の可能性は低いがゼロではない」と専門家


そして、次に女性獣医を出してきて、
「大人のウサギは子ウサギの耳をかじることがあるので、これもそうではないか」
と、トンデモコメント。

しかし、その直後に、「ただ、触診したところ、かじられた形跡はない」と、その女性獣医は、視聴者からクレームが出ないように上手に立ち回っていました。

さらに、番組スタッフが、この両人の“専門家”の見立てを受けて、いきなり、耳なしウサギの母ウサギが被曝した量を、驚いたことに、内部被曝と外部被曝を単純に合計して1.55ミリシーべルトとしたのです。

そして、その後、「1.55ミリシーベルトというのは、1時間当たりではなく、『妊娠期間の1週間の合計が1.55ミリシーベルト』と訂正」したのです。
3.11から1年も経つというにも、まだこんな騙しをやっているのが、原発推進プロパガンダテレビ局のフジテレビなのです。

言うまでもなく外部被曝と内部被曝は、別物として考えなければならないのに、単純に合計して、いかにも被曝線量が少ないように印象付けているのです。

これは、とんでもない間違いです。

この局の「Mr.サンデー」のプロデューサーは、始末書程度では済まないはずです。

これを食い入るように見ていたゲスト・コメンテーターの俳優の杉良太郎は、「こんなにまでなっているのに、まだ原発を進めるのか。計画停電をやるなら、それでもいい。多少我慢しても、それでも原発を止めるべき」と発言したのです。

そのときの宮根誠司の表情は、悪魔の形相、そのものでした。
読売の言いなりのこの男。相変わらず社会にとって有害な男です。

杉良太郎は、これでフジテレビには呼ばれないでしょう。

途中には、中国で生まれた(いつ頃生きていたウサギかも、どこで生まれたかも一切流さず)2羽の耳なし子ウサギの動画クリップを挿入して、「自然界でも耳なしは生まれる」と、強引に視聴者を誘導。

この番組は、最初から「結論ありき」で、いかに「被曝は幻想だ」という印象を視聴者に与えようか、さまざまな仕掛けが見え見えの編集でした。

こんな原発推進派寄りのテレビ番組でさえ、放射能汚染中古車、セシウム花粉の話が事実であり、注意を呼びかけていたことから、やはり私たちは警戒心を解いてはいけないと思います。

原発事故発生から1年経って、メディアもネットも、視聴者や読者が、とうに知っているものとして情報を発信しています。

放射能の危険性を継続して発してくれるメディアは、ありがたいものです。

しかし、テレビ局には、グルメ番組を少し自重して欲しいものです。あれだけ連日流されると、食材や産地に対する警戒心が薄れてしまいます。

視聴者の中には、自分だけ我慢しているのが馬鹿らしくなってくる人もいるでしょう。

でも、数年後になってみなけれは分らないのですから、周囲がなんと言おうと、ご近所が何と言おうと、教育委員会がなんと言おうと、鵜呑みにせず我が道を行ってください、





3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応
アメリカ発
7,400円  配送無料
3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応
       
NEXT Entry
福島第一原発4号機プールの冷却システムが停止中
NEW Topics
冬はトルマリンのイオン風呂で体の中から温まる
『カレイドスコープのメルマガ』発行のお知らせ
皮膚がんのリスクと適切な日焼け止めの選び方
2万2千件の消えた年金と「年金支給開始68歳引き上げ」
土日は福島第一原発からの放射性物質に注意!
なぜ地震予知は外れてばかりいるのか
元宝塚トップスターが心筋梗塞でドクターストップ
巨大地震と巨大津波に耐えた住宅はどこが違う?
1、3、4号機プール、共用プールすべて冷却停止、猶予は4日
春から〔PM2.5+スギ花粉+セシウム〕の粒子がやってくる
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。