アーバンプレッパー

| 全記事タイトルリスト
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトその他  »  お笑い東電
       
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mon.2011.10.24  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お笑い東電

「お笑い東電」でgoogle検索してみましょう。
何も言うことはありません。

東電お笑い「倫理マニュアル」
ゲンダイネット 2011年7月22日

原案作成者は勝俣会長というジョーク

●誰も守っていない!?

次々とデタラメが発覚している東電に倫理マニュアルが存在するのをご存じか。
「企業倫理遵守に関する行動基準」で、02年8月に発覚した原発の修理、点検作業における不祥事がきっかけで作成された。

原案を作ったのは、当時、社長だった勝俣恒久会長である。
「『しない風土』『させない仕組み』をスローガンに03年に制定され、その後、2回にわたって改訂されています。

社員は宣誓書に『私の行動宣言』を書き、署名しています」(事情通)

中身はざっとこんな感じだ。
〈私たちは、国内外の法令およびその精神を遵守し、社会のルールに反する行為を行いません〉
〈すべての人に対し誠意をもって 接するとともに、真摯な姿勢で仕事に取り組むなど、社内外において誠実に行動します〉
〈政治や行政に対し、健全で透明な関係を保ちます〉
〈安全第一を徹底 して公衆並びに作業従事者の安全確保に努めます〉――。

いやはや何ともご立派な内容だ。

「この行動基準が実践されていたら、福島原発の事故直後の二転三転した記者会見も、『国際法違反』と騒がれた汚染水の海洋投棄も、経産省原子力安全・保安 院との“癒着”もなかったでしょう。

原発周辺の住民に対して社長が土下座行脚することも、被曝(ひばく)線量無視で作業員を働かせることもあり得なかっ た」(経済ジャーナリスト)

ちなみに行動基準に反し、企業倫理上問題がある行為があった場合は〈就業規則に基づき、懲戒処分の対象となります〉とある。
今の東電上層部は誰も行動基準を守っていないように見えるのだが……。


これは、ドイツのニュース風刺番組で取り上げられたもの。
なんと、2011年4月1日に取り上げられたそうです。

思わず、ウィットに富んだ皮肉屋、バーナード・ショーを思い出しました。
いや、もうちょっと、上品かな。



ウルリヒさんも、いい味出しています。
司会者の、訝しげな表情も。

不謹慎かもしれませんが、クスクス笑いが止まりません。
情けないことです。




       
NEXT Entry
岡山で農業を/福島で桃、ぶどう作りをされている方へ
NEW Topics
冬はトルマリンのイオン風呂で体の中から温まる
『カレイドスコープのメルマガ』発行のお知らせ
皮膚がんのリスクと適切な日焼け止めの選び方
2万2千件の消えた年金と「年金支給開始68歳引き上げ」
土日は福島第一原発からの放射性物質に注意!
なぜ地震予知は外れてばかりいるのか
元宝塚トップスターが心筋梗塞でドクターストップ
巨大地震と巨大津波に耐えた住宅はどこが違う?
1、3、4号機プール、共用プールすべて冷却停止、猶予は4日
春から〔PM2.5+スギ花粉+セシウム〕の粒子がやってくる
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。