アーバンプレッパー

スポンサーサイト

村民に過酷な被曝をさせた飯館村村長

画像はこちら様「ベルリンで行われた飯館村・前田区長のスピーチ」から拝借...

3号機はプルトニウムを大空に吹き上げた

野田の「冷温停止宣言」に海外メディアが一斉にブーイング

福島県では避難、放射能という言葉を使うな!

佐藤知事が、12月末で他の都道府県に対して県外への自主避難者の受け入れ停止の要請をしたものの、思わぬ世論の反撃にあって、すぐさま撤回。いままでどおり、住宅借り上げ制度の継続要請を決めました。自主避難希望者の悲鳴が聞こえます。...

東京圏から人口が流出している

クリックでソース元へ上の図は、福島県から他の都道府県にどれだけ人口が流出していったかを示すものです。...

放医研がプルトニウム内部被曝の専門家を募集中

写真はPaul Langley& Nuclear History Blogからプルトニウムのホットパーティクル(羊の肺の中の写真)。放射線医学総合研究所が、プルトニウムなどのアクチニド核種の内部線量に詳しい専門家を募集している、という記事です。...

セシウム混入粉ミルクを市民が証明した意味は大きい

赤ちゃん用粉ミルクから30ベクレルのセシウムが検出されたときの明治の対応は、食品メーカーとしては失敗でした。本来、「神様」であるはずのユーザーからの再三にわたる調査と改善の要望があったにかかわらず、それをすべて無視し、一方、マスコミの問い合わせには、手のひらを返したような対応を取るなど、明治のブランドは大きく毀損されました。しかし、こうした世論の風向きとは別に、「市民が自主的に計測して改善させた」と...

福島県全域、宮城県(一部)で患者調査をやらない理由

福島県全域と宮城県の一部地域では、調査実施の直前になって突然、患者調査を行わないことを決定しました。津波で壊滅してしまった宮城県の一部では調査不可能というのは理解できますが、福島県全域で患者調査に協力しないというのは、どう考えても異常なことです。まるで、福島県は治外法権のようです。...

原子力ムラの群馬大学学長が、早川教授を言論封殺か?!

群馬大学(学長 高田邦昭)と日本原子力研究開発機構(理事長 岡﨑俊雄)は、平成22年3月5日付けで連携協力に関する協定を締結。ソース:プレス発表用資料なるほど、なるほど。...

早川由紀夫教授に群馬大学学長が訓告

「白血病が昨年の7倍」を広げたデマッターの連鎖

「フクシマから逃がさない」

画像クリックで、フクシマ&政府のプロパガンダ・ソングが視聴いただけます。「フクシマで、フクシマで、フクシマで~ ボクらは、フクシマが好き~」。はいはい、もう分かりましたから。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。