スポンサーサイト

仁志田伊達市長が急性心筋梗塞で救急搬送

このとおり、仁志田伊達市長が3月14日、急性の心筋梗塞で県立福島医大に救急搬送されていました。一命は、とりとめた、とのこと。伊達市のホームページ「仁志田伊達市長の入院について」より。...

東京圏から人口が流出している

クリックでソース元へ上の図は、福島県から他の都道府県にどれだけ人口が流出していったかを示すものです。...

「フクシマから逃がさない」

画像クリックで、フクシマ&政府のプロパガンダ・ソングが視聴いただけます。「フクシマで、フクシマで、フクシマで~ ボクらは、フクシマが好き~」。はいはい、もう分かりましたから。...

ガイガーカウンターが食品マーケットを変えるでしょう

2タイプあるガイガーFUKUSHIMA。...

1号機水素爆発-住民には知らせず逃げた町議会の人々

写真は、「福島原発レポート⑧ 原発から20km圏内の動物たち」より...

「これって放送していいの?」と思わずにいられない

花粉症対応のマスクでボランティアに除染させている福島市

福島県が子供たちを避難させない本当の理由

福島県の住人たちは気づき始めました。自分たちが、人質にされていることに。...

本当は福島県に何人いるか誰も分らない

 人口流出が止まらない福島県。本当は何人の人が残っているのだろう。...

ふくしま「放射能駅伝」第ニ弾!11月20日強行

今度は、福島県民のマインドコントロールの総本山、東北の政商・小針暦ニが創刊した福島民報が主催する市町村抗「ふくしま駅伝」が開催されます。福島のメディアは事実を報道しないだけでなく、いったい何人の若者を危険な目にあわせれば気が済むのでしょう。...

食品のベクレル検査をしない小売業は淘汰される

福島の地場の流通・小売が、独自に食品のベクレル表示を始めています。「ピンチはチャンス!」どこかのマッド・サイエンティストが言っていましたっけ?ベクレル表示サービスは、付加価値となり、差別化戦略の要になったのです。この流れは、全国に広がっていくでしょう。...

福島県民を避難させない佐藤雄平をリコール!

画像は、短編映画「blind」のキャプチャー佐藤、山下、いつまで、こんな連中にマインド・コントロールされているのか。...

市民グループが作成した利用価値の高い被曝者手帳

被曝者を救おうと精力的な講演活動を行っている、放射線の著名な専門家・崎山比早子氏、木村真三氏、市民学者の高木学校、その他、大学関係者の監修の下、福島の市民グループの人たちが企画・編集した「被曝者手帳」2種。これは秀逸な内容です。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。