スポンサーサイト

火山灰を吸い込まないためのマスク

アメリカ地質調査所(USGS)の資料を基にした2種類の火山防災マニュアル「火山灰の健康影響」、「降灰への備え」が無料でダウンロードできます。日本の多くの火山防災マニュアルの原本のようなマニュアルです。...

伊豆大島三原山の噴火の後には必ず大地震が起きている

画像クリックで拡大伊豆七島火山列。晴れた日には、伊豆大島から一直線に火山列島が連なっているのが見える。(伊豆大島から撮影 H19.1.2)この海底が、今熱くなっている。...

富士山は噴火スタンバイ状態にある

【予告】首都圏大地震に備える~富士山噴火シュミレーション からキャプチャー「昨年の大震災で日本列島が東西に引っ張られ、マグマが出やすくなった、という考えが成り立つ。日本の活火山のうち危険度の高い20前後の火山は、どれが噴火してもおかしくない。最大の心配は富士山だ。火山活動と密接な関連のある低周波地震も観測されている。富士山が“スタンバイ状態”にあることは確かだ」-京都大の鎌田浩毅教授(火山学)。...

2015年までに富士山が噴火し、首都機能は麻痺する!?

Planet Ark2011年6月4日に大噴火を起こしたチリのプジェウエ・コルドン・カウジェ火山から飛んできた火山灰に、丸ごと埋もれたチリ国境に近いアルゼンチンの街・ヴィジャ・ラ・アンゴストゥラ(Villa la Angostura パタゴニア)。これと同じことが日本の火山で起こる可能性が高くなっている、と国内外の地震学者たちは一様に口を揃えて言います。特に現実味を帯びてきた富士山の噴火は、確実に首都・東京を襲うだけに重大視されてい...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。