ハリマオレポート

| 全記事タイトルリスト
ホーム
               
mag201910-15.jpg

39年前、彼が26歳のときだ・・・
米国にいた彼は、そのときrebirthしたのである。
つまり、生まれ変わったのである。

だから、トランプが言うように、彼は今年で39歳になった・・・


この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事のダイジェストです。

本記事はウェブマガジン全文の4分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201910-9_20191006101050470.jpg

日本経済の崩壊だけでは飽き足らず、日本人のアイデンティティーまで破壊され喪失しようとしているというのに、呆れ果てた感性の鈍さと他人任せの未来観が、日本を滅ぼすことになるでしょう。

この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事「パート2」と「パート3」の2本のダイジェストです。

本記事はウェブマガジン全文の4分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201910-1.jpg

金融庁による民間銀行への要求が厳しくなっている。
いったい、何を準備しているのだろうか。


この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事のダイジェストです。

本記事はウェブマガジン全文の4分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201909-12.jpg

欧米の多くのアナリストが警告する「今はサブプライム・ローン破綻前夜と同じ」・・・

しかし、個人向け融資サブプライム・ローンとは、破綻規模が1桁も2桁も違うのがレバレッジド・ローンを束ねたCLO(ローン担保証券)破綻。

日本は世界の他の国々以上に
CLOを大量に持っている。


この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン(初月無料)」の最新記事のダイジェストです。

本記事はウェブマガジン全文の5分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201909-11.jpg

世界の限りなく100%の人々は、この真相に至ることはない。

サウジーイランとの対立激化を仕掛け、中東で大規模な紛争を惹起させようとしているのも、すべては「脱ドル化」に繋がっている。

そして、その果てにある荒涼とした風景とは・・・悲しいことに誰にも見えていない。


この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン」の最新記事のダイジェストです。

本記事はウェブマガジン全文の4分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201909-6.jpg

金銀比価(gold/silver ratio)は数十年ぶりに80台にとどまっており、銀(シルバー)が大きく出遅れていることを示している。
そろそろ銀(シルバー)に関心が集まって、価格の上昇トレンドが始まるだろう。


この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン」の最新記事の一部抜粋です。
範囲が多岐にわたっているためダイジェストが作成できず、したがって、記事としての脈略はありません。

本記事はウェブマガジン全文の4分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201909-1.jpg

自分たちが発明した中央銀行システムを自らの手で破壊して、世界市民を監視できるブロックチェーン基盤のデジタル通貨を新たに中央銀行に受け入れさせようとしている国際銀行家が画策している恐ろしいイベントとは・・・

この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン」の最新記事のダイジェストです。
ダイジェストは全文の5分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201908-17.jpg

もっとも早ければ、3年以内に「通貨の崩壊」という、中央銀行に与えられた宿命ともいえるミッションを完了することになる。

この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン」の最新記事のダイジェストです。
ダイジェストは全文の4分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201908-12.jpg

各国の中央銀行が金(ゴールド)の備蓄を進めているのに、なぜFRB、日銀、そして投資銀行はポートフォリオに金(ゴールド)を組み込むことを拒んでいるのか・・・

アベノミクスの虚構が暴かれ、トランプ・ラリーも終焉を迎えた今、投資家たちの見果てぬ夢は、いよいよ白昼夢のような悪夢に変わるのです。


この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン」の最新記事のダイジェストです。 ダイジェストは全文の4分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
mag201908-10.jpg

なぜ、西側の中央銀行は、高額紙幣を廃止したいのか・・・
IMFは高額紙幣を廃止すれば、マイナス金利の足枷が外れて、マイナス金利による大幅な金融緩和を実現できると考えている。

つまり、世界経済崩壊が不可避となった今、現行の通貨システムを終わらせて、よりコントロール可能な新しい通貨システムに移行させたいのである。


この記事は、「カレイドスコープのウェブマガジン」の最新記事のダイジェストです。
ダイジェストは全文の4分の1程度です。全文はウェブマガジンでお読みください。
               
プロフィール

ハリマオ2

Author:ハリマオ2
「カレイドスコープ」の姉妹サイトです。近未来の完全監視社会と人間動物農場、そして人口削減についてレポートします。

ウェブマガジン

世界の実相を知ることができるブラウザで読む高密度ウェブマガジン。
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top